スクーターとは

スクーターとは

スクーターとは、タウンユースモデルに分類されるバイクのことです。日本においては、「原動機を座席の下に設け、前方に足踏台のある、車輪の直径が22インチ以下であるような2輪自動車を指す」という定義があります。

機能は利便性に特化しており、エンジン、駆動装置がカバードされたことで乗り降りするときに足を高く上げる必要がない簡易なつくりになっています。シートは跨がず、ゆったりと座れるスペースになっており、ヘルメットを収納できるメットインなど荷物が収納できる設備もあります。車体はユニットスイング式が多く、オートマを実装したことでクラッチも自動なタイプが増えました。タウンユースモデルなので、近場への移動の需要が一番高いですが、排気量の大きいものによっては旅行での移動手段として用いられることもあります。

スクーターの中にも小型スクーター、ビッグスクーターという分類があり、ビッグスクーターはタウンユースモデルの中ではオンロードモデルやオフロードモデルに近い性能を有した設計になっています。ビッグスクーターは排気量が250cc以上のスクーターのことを言い、シートや全体が大きく、重量も大きい特徴があります。そのため、二人乗りでも安定した道路走行が可能になります。

    Copyright(C) バイクワールド All Rights Reserved.